福地栄一さんの姓名判断

福地栄一さんの天格(祖運)は19画で『凶』

『苦労 挫折 障害』

天格(祖運)とは、祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。一般的に晩年になるほど影響力を強めるとされています。
福地栄一さんの人格(主運)は15画で『大吉』

『人徳 出世 順調』
安らぎを人に与える人生
多くの人に慕われます。人生を堅実に歩み、確実に成功をつかんでいくでしょう。
穏和な性格で人の和を大切にするため、自然と発展していきます。経済観念もしっかりしています。

人格(主運)とは、人物の内面をあらわし、家庭・仕事・結婚運、中年期の運勢に影響を与えます。具体的には、人格が吉数であれば性格面で良い影響(物事を前向きに考える、積極的に活動できる、自信にあふれる等)が現れ、逆に凶数であれば悪い影響(物事を悪く捉える、自信を喪失しやすい、他人を妬みがち等)が現れます。
福地栄一さんの地格(初運)は10画で『凶』

『多難 大凶』
虚しさにさいなまれる人
幼少期は事故や病気に注意。孤独な性質なので、恋愛や結婚は波乱含みです。
子供の頃は虚弱体質です。気分が変わりやすく、時に大胆な行動に出ることも。

地格(初運)とは、一字名でもその人の性格をあらわします。幼少期の運勢を表し、その人の成長過程に強い影響を与えるため、「性格」、「才能」、「金運」、「適職」、「性的傾向」に関与します。吉数であれば、他人から良い目で見られ、社交性に富む。逆に凶数であれば、他人から良い印象を受けません。
福地栄一さんの外格(助運)は14画で『凶』

『孤立 トラブル 不遇』
人生が急展開する波乱の人
人に誤解されたり、中傷を受けたりしやすいでしょう。目立たないことが肝心です。
逆境に遭うとたちまち人が離れていきます。相手の立場になって考えることが大切です。

外格(助運)とは、家族や職場などの外因的要素、対人関係・社会的環境一般の運勢。 人生は人間関係によって決まるといっても過言ではありません。他の数が吉数でも外格が凶数であれば人間関係に恵まれず、人生の実りを大きく損ねる可能性があるので注意する必要があります。逆に吉数であればよき友人・よき配偶者・よき上司・よき先輩等に恵まれます。
福地栄一さんの総格(総運)は29画で『特殊格』

『厳格 才能 完全主義』
人並み以上の才能と感性
努力を惜しまなければ、豊かな晩年が約束されます。才能におごらないこと。
他人をあまり批判しすぎると援助者を失います。寛容になれば運が開けるでしょう。

総格(総運)とは、人生を歩むにつれて色濃くでてくるといわれ、晩年期に大きく影響を及ぼします。
※「特殊格」は、成功までに波乱が多いなど、どちらかと言えば男性向けの画数となります。

福地栄一さんの三才配置は『水⇒土⇒水』で『凶』

人生が予期せぬ事態だらけ。
多くのアクシデントに見舞われます。一つのことに努力し、基礎を固めれば、どんなに大きな波にものみ込まれることはありません。

人格が「土」の人は、「誠実で人から信頼される人」です。
天格が「水」の人は、「行動的なタイプの人」です。
地格が「水」の人は、「芸術家肌で、やや浮気性な人」です。
posted by 福地栄一 at 14:44Comment(0)日記